飲食店経営や遺産相続税等は税理士や弁護士に~法のスペシャリスト~

過払い金の仕組み

貸金業者の貸出金利について

worker

かつては、消費者金融や信販会社などの貸金業者の貸出金利は利息制限法の上限金利以上で出資法の上限金利未満の範囲で設定されていることが一般的でした。この範囲の金利はグレーゾーン金利といわれ違法ではないと考えられていましたが、最高裁で違法であるとの判決が下され、現在は法改正により貸出金利は利息制限法の上限金利以内で設定されるように統一されました。過去にグレーゾーン金利で貸し出されていた部分については、借り手側が過払いであったため返還請求を起こせば返還されることとなります。消費者金融等の利用者は長年にわたって借入を繰り返している利用者も多いため、そうした以前からの利用者は高額の過払い金が発生している可能性が高いといえます。

過払い金返還請求について

過払い金の返還に関しては、個人が貸金業者に請求を行うのは手続きも煩雑で困難なのが実情です。そのため、過払い金の返還を求めたり、過払い金の有無を確認するには法律の専門家に相談するのが一番であるといわれています。法律の専門家への相談は、相談料がかかることが一般的ですが、過払い金返還請求に関しては相談料無料で対応してくれる法律事務所も少なくない状況です。これは、弁護士や司法書士の側からすると過払い金返還請求は容易な事務手続きで済ますことができ、借り手側が勝つことが分かり切っている案件のため、無料で相談を受けても採算が取れるという状況があるからです。また、司法制度改革により弁護士人口が増加していることもあり、以前と比較して過当競争となっていることから、顧客確保に力を入れているという点も挙げられます。そうした状況にあって、こうした過払い金返還案件は過払い金バブルともいえる状況を弁護士業界に与えたとも言われています。