飲食店経営や遺産相続税等は税理士や弁護士に~法のスペシャリスト~

遺産の放棄

弁護士に手続きの代行を依頼した場合の料金について

worker

相続放棄手続きは、被相続人の死亡を知った日の翌日から3ヶ月以内に行う必要があります。なぜ3ヶ月という期限が付されているのかというと、被相続人の債権者をなるべく早く不安定な状態から解放してやるためです。たとえば、亡くなった人にお金を貸していた人がいたとします。お金を貸した方からすれば少しでも早くお金を返してもらいたいところですが、この3ヶ月という期限が過ぎる前に督促することはできません。なぜかというと、被相続人の財産が誰に相続されるのか、この段階ではまだはっきりと決まっていないためです。現実的なことを考えると、債権者が待つことができるのはせいぜい3ヶ月程度が限界です。それ以上待たせられてしまうと、債権者の方が苦しい立場に追い込まれてしまう可能性が出てきます。そのため3ヶ月という期限が定めらているのですが、期限内に確実に手続きを済ませるのは結構大変です。自分では期限に間に合わせられる自信がない人は専門家に手続きの代行を頼むことになりますが、弁護士に手続きを依頼した場合で概ね20〜30万円前後の料金がかかることになります。

弁護士の相続放棄サービスを利用するメリットについて

20〜30万円もの料金を取られるくらいであれば、弁護士などには頼まずに自分で相続放棄の手続きを取るという人が少なくありません。自分で相続放棄の手続きを取るようにすれば、20〜30万円の出費を避けることができるようになるわけですから、一見とても有利であるかのように見えます。しかし、弁護士などの専門家に任せてしまうようにした方が、結果的にお得になるケースが多いです。相続放棄をするかどうかを決めるためには生前の被相続人に属していた財産の内容を全て調べてみる必要があるのですが、これがかなり大変です。被相続人がどの銀行に口座を持っていたのかも全く知らないという人が少なくありませんので、財産内容を期限内に調べ上げるためには大変な苦労をすることになります。でも弁護士の相続放棄サービスを利用すれば、そのような財産調査も全部行ってもらうことができますので、余計な手間が一切かかりません。