飲食店経営や遺産相続税等は税理士や弁護士に~法のスペシャリスト~

businesswoman

遺産の取り分

worker

相続放棄を行うとにより、遺産の取り分が増えることで新しい相続人が生まれるということもあります。相続放棄を行う際には次に相続人に当たる人がいるのかきちんと調べて連絡を行うことが大切です。

この記事を読む

遺産の放棄

worker

相続放棄手続きは死亡を知った翌日の3ヶ月以内に行うことが必要です。しかし、期限内に確実に放棄手続きを行うことは結構大変なことです。専門家に手続きの代行を頼むことで速やかに行うことができます。

この記事を読む

過払い金の仕組み

worker

貸金業者の貸出金利は上限金利未満の範囲で設定されていることが一般的でしたが、最高裁で違法との判決が下りたことでグレーゾーンが統一されました。過払い金の返還請求を起こせば返還が可能で、過払い金を手に入れることができます。

この記事を読む

遺産相続の手続き

相続放棄には期限があります

worker

遺産を相続したいと思っている人もいれば、したくないと思っている人もいます。遺産には借金なども含まれるので、そういった遺産が多い場合には、相続したくないと考えるのです。 相続したくない場合、相続放棄をすることになります。ただし、相続放棄には期限が設けられています。相続の流れを簡単に見ていくと、遺産分割協議をして、申告をするという感じです。誰かが相続放棄をすれば、協議はやり直しとなりますし、それに伴って申告内容も変わってきます。 相続税の申告は、10か月以内に行わなければなりません。そうなると、相続放棄はそれより早く行う必要があります。 相続放棄の期限は3か月以内となっています。相続税の申告期限に比べればかなり早いものです。ですが、上記のような理由があることを考えると仕方がないことです。早めに準備するようにしましょう。

スタート地点に注意しましょう

ただ、3か月以内と言っても亡くなってから3か月というわけではありません。正しくは、故人が亡くなったことを知った日の翌日から3か月以内となります。 例えば、幼い頃に両親が離婚し、父親とは音信不通になっていたとします。この場合でも、父親が亡くなれば相続人になります。ただ、音信不通のため亡くなった事実を知らず、借金の督促状が届いて初めて知ったということが起こりえます。 亡くなってから3か月以内が期限だとすると、3か月以内に督促状が届かなければ相続放棄をできません。これでは、相続人がかわいそうです。そのため、スタート地点は、亡くなったことを知った日の翌日から3か月以内となっているのです。 亡くなって3か月を過ぎている場合でも、諦めないようにしましょう。